投資

【TRYJPY】みんなのリピート注文_買の6ヶ月の動きを検証

こんにちは。

今日は運用してはいませんが、みんなのシストレ で選択することができる

ストラテジーの1つであるトルコリラの買注文のストラテジーである

「【TRYJPY】みんなのリピート注文_買」の運用状況は実際にはどうなっているのかを

ストラテジー選択画面から検証してみたいと思います。

〔随時更新!〕【NZDJPY】みんなのリピート注文_買の運用実績と特徴こんにちは。 今日は2020年1月22日から運用しているみんなのFXさんのみんなのシストレ内の ストラテジーの1つである【N...

直近1ヶ月での運用状況は?

実現利益:0円

直近1ヶ月での取引回数は2回、最大損失率は55.23%となっています。

合計損益としても-23,367とロングポジションのストラテジーのため、

この記事を作成している相場状況だと仕方ない結果となっています。

取引回数が増えないことには利益も積み上がらないので少し寂しい結果となっているように感じます。

直近3ヶ月での運用状況は?

実現利益:6,150円

直近1ヶ月での取引回数は8回、最大損失率は61.67%となっています。

直近6ヶ月は相場としてはこのストラテジーでは厳しい結果となっています。

ただ、しっかりと相場の上下に連動して新規注文➡︎決済注文までは行われていることがわかります。

3ヶ月間になると取引回数が8回と直近1ヶ月に比べると利益も積み上がっているように感じます。

直近6ヶ月での運用状況は?

実現利益:28,164円

直近1ヶ月での取引回数は17回、最大損失率は49.73%となっています。

6ヶ月での成績を確認するとやっと、合計損益がプラス収益になりました。

取木回数17回で実現損益もしっかりと上がっているので相場の流れを

しっかりと把握して稼働させた場合には確実に利益を積み上げることがわかります。

 

直近1年間での運用状況は?

2020年2月27日現在でこのストラテジーは運用開始されてから1年が経過していないため、情報が有りませんでした。

1年以内のデータにはなってしまいますが、実現損益としては91,882円となっております。

総括

現在の相場状況では含み損が膨らむのは仕方ないですが、トルコリラ円の買注文の

リピート注文でも長い目でみるとしっかりと利益の積み上げを行ってくれていることが

今回の検証で確認することができました。また、トルコリラは買注文で高いスワップポイントを積み重ねてくれることも特徴の1つではないでしょうか。

今年のエルドアン政権下の政策金利や政治状況によっては、選択するのも有りかなと

私は感じております。

 

【MXNJPY】みんなのシストレ (リピート注文)を運用!実績報告中2020年1月2日からみんなのFXでシストレができるみんなのシストレにリピート注文が 追加されたので運用を開始しました。 実...

 

本日はこの辺りで。