ブログ運営

【初心者でも大丈夫】GoogleサーチコンソールにXMLサイトマップを登録する方法

たかもん
たかもん
今日はgoogleサーチコンソールでほぼ必須なXMLサイトマップを登録する方法を説明しようと思います。

具体的には

WordPressにGoogle XML Sitemapsというプラグインを導入し、Googleサーチコンソール(Google Search Console)にサイトマップを登録する方法を説明します。

 

・Wordpressバージョン5.3.2
・Google XML Sitemapsバージョン4.1.0

上記の環境下で作成した記事となっております。

 

XMLサイトマップについて

XMLサイトマップを作るとどんな利点があるの?

Google先生などの検索エンジンにブログなどのサイトを正しく見つけてもらうためには検索エンジンのデータベースに登録されることが必要です。そのデータベースへの登録を行っているのがクローラと呼ばれるプラグラムなんですが、そのクローラにうまくサイトをチェックしてもらうにはサイトマップというものが必要になります。そのサイトマップの種類としてXMLサイトマップというものが存在します。

XMLサイトマップの特徴は?

XMLサイトマップは、サイトの構成更新頻度、ページごとの重要性などをGoogle先生などに伝えることが可能になります。

どうやって作るの?

WordPressにはこのサイトマップを自動的に作成することができるプラグインが複数存在します。その中で、今回は筆者が利用しているGoogle XML Sitemapsの利用方法を説明します。

Google XML Sitemapsの導入方法

WordPressでのプラグイン導入の経験があることを原則として話を進めます。

1.Wordpressの管理画面を開きます。

2.プラグイン➡︎「新規追加」を選択します。

 

3.「goole xml sitemaps」を検索します。

 

4.「今すぐインストール」をクリックします。

 

5.「有効化」をクリックします。

 

プラグイン一覧を見るとこのように新しくプラグインが追加されているはずです。

以上であなたのサイトのWordpressにGoogle XML sitemapsの導入は完了です😁

引き続き、XMLサイトマップの作成に移ります。

XMLサイトマップの作成方法

先ほど導入したGoogle XML Sitemapsを用いてXMLサイトマップを作成していきます。

1.Wordpress管理画面から設定➡︎「XML-Sitemap」をクリックします。

 

2.この状態ではプラグインを導入したがサイトマップが検索エンジンに通知されていないと表示が出ています。すぐに通知するために「your sitemap」をクリックします。

 

3.サイトマップの通知ができた旨の結果が表示されました。

 

以上でXMLサイトマップの作成は完了です👍

あなたのサイトマップのインデックスファイルのURL:「https://www.○□△…/sitemap.xml」

をクリックしてサイトマップを確認してみましょう。

このようなものが表示されていれば大丈夫なはずです。

GoogleサーチコンソールにXMLサイトマップを登録

後もう少しで完了です。頑張りましょう。

 

1.Googleサーチコンソール(Google Search Console)にアクセスする。ブログ

2.「サイトマップ」をクリックする。

 

3.「https://○□△…/sitemap.xml」とXMLサイトマップのアドレスを入力し、「送信」をクリックする。

 

4.ステータスに「成功しました」という表示が出ていれば完成です。

まとめ

ここまでで、WordPressにGoogle XML Sitemapsを導入し、XMLサイトマップをGoogleサーチコンソール(Google Search Console)に登録する作業を行ってきました。

作業としては、簡単に行えたのではないでしょうか?

この記事を元に、SEO対策を行って頂く方が増えれば幸いです。