体験記

オルソケラトロジー治療をした理由〜実際の感想〜

こんばんは❗️たかもんです。

このブログではメインに投資に関して書いていきたいと思っていますが、

検索流入を確認するとオルソケラトロジーのことを調べて来ていただいている方が

多いみたいです🤣

今日は以前にも記事にしたオルソケラトロジーについて書きたいと思います。

まず、オルソケラトロジーとは何?!という方は先にこちらを読んでみてください☺️

オルソケラトロジー(視力矯正法)こんにちは。たかモンです。 前回の記事で書きましたが・・・ 私が実際に導入した視力矯正法は・・・ 「オルソケラトロジー...

 

まず始めに、私は薬剤師という仕事をしています。

1年少し前までは、基本的には仕事の時はずっとメガネをかけて生活をしてました。

仕事上、マスクをした方が良いシチュエーションが多いんですね。

例えば…

・抗癌剤などの薬剤をミキシングする時

・薬剤を無菌調整する時

・インフルエンザなどの感染症が流行っているシーズン

などなど…

例を上げだすとキリがありません(笑)

現在は、上2つは業務上やらなくなりましたが😓

ここで問題発生です❗️

メガネ+マスク

何が起こると思いますか?

答えは簡単、とにかくメガネが曇るんです(笑)

そこで、メガネをかける生活から解放され、裸眼で生活したくなりました。

最初はワンデーのソフトコンタクトを使っていたのですが、

目のゴロゴロ感がいつまで経っても取れなかったんですね😓

レーシック治療も考えたのですが、侵襲的な処置までは…という気持ちがありました。

そこで、友人の一人が自分より先にはじめていた

オルソケラトロジーに興味をもちました。

就寝中にコンタクトをつけて寝るって大丈夫なの?!

という疑問が湧いて、いろいろと調べました。

その結果

・海外でのエビデンスや導入されてから長い月日が流れていること

・専用レンズによる酸素透過度が非常に高い為、角膜細胞の減少もほとんど起きない

という自分の中で納得できる答えが出た為、治療に踏み切りました。

オルソケラトロジーを始める前の裸眼視力は両眼ともに0.2程度でした。

オルソケラトロジー治療開始後は、日中は概ね1.2〜1.5は出ていると思います✌️

 

私なりのオルソケラトロジーの利点と欠点を下にまとめたいと思います。

オルソケラトロジーの利点・欠点

利点

・眼鏡をかけることによる不便さから解放される。

・肩こりが少し減った(やはり眼鏡をかけると疲れます)

・スポーツなど激しい動きをする際にわずわらしさを感じることがない。

欠点

・朝にコンタクトの取り外し・洗浄の時間が取られる。

・就寝前にコンタクトの装用を忘れると翌日の視力が下がっている。
(視力が安定してくると2日程度は裸眼での生活が問題なく過ごせる方もいらっしゃるようです)

・コストがかかる。(自由診療のため費用はかかります。)

・定期検診が必要

 

このような感じで、オルソケラトロジー治療を開始して1年以上が経過しておりますが、

問題なく続けられています。

 

これは私の例であり、実際にされる方によって個人差があると思いますので、

オルソケラトロジーは装用体験(体験治療)ができる病院が多いのでまずは体験をされて

合うかどうかを見極めて頂くのが良いかと思います☺️

 

ソフトコンタクトでも同様のことが言えると思いますが、

安心安全な治療継続のために定期検診は行きましょうね!

 

では、今日はこの辺で。